blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
アレルギー性接触皮膚炎
アレルギー性接触皮膚炎

皮膚に接触した化学物質がアレルギー反応を引き起こし、免疫メカニズムを介して間接的に皮膚を傷つけてしまいます。アレルギー反応を引き起こす物質をアレルゲンと呼びます。そしてアレルゲンに対してアレルギー反応を引き起こすように体が記憶することを感作と呼びます。下記にアレルギー性接触皮膚炎を起こしやすい物質を示します。

○装飾品
ネックレス・ピアス・イヤリング・指輪・ブレスレットなどに含まれる金属が原因です。ニッケルが最も多く、次にコバルト、そして金に対する金属アレルギーが報告されています。金色に着色されている装飾品はニッケルメッキを施していることが多いです。

注意:
金属が装飾品から溶け出すために、アレルギー反応が起こると考えられています。装飾品は直接皮膚に接触しないように身に着けましょう。ただし夏場あるいは汗を大量にかいているときには、装飾品は外しましょう。ピアスは耳に穴を開けて身に着けるため、他の装飾品よりアレルギー性接触皮膚炎を起こしやすいと考えられます。身につけたい場合は、皮膚の症状に注意を払いましょう。皮膚の症状が現れた場合には、直ちに身に着けるのを避けましょう。そして主治医に早急に相談しましょう。ある装飾品にアレルギー反応が見られる場合、他の装飾品・眼鏡・時計バンド・ベルト・ボタンなどに対してもアレルギー反応が起こる可能性があるからです。

○ゴムあるいはビニール手袋
特にラテックスはアナフィラキシー反応を引き起こし、重篤な障害を招く恐れがあるので注意が必要です。

注意:以前に皮膚障害起こした素材の手袋は使用しないようにしましょう。軽度な症状であっても、繰り返し使用することで症状が悪化してしますこともあります。皮膚症状が現れたときには主治医に相談しましょう。

○ベルト
ベルトのバックル部分の金属に対してアレルギー反応を引き起こします。

bolg index このページの先頭へ
<