blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
満ち足りた肉体関係を持つための障壁
満ち足りた肉体関係を持つための障壁

アトピー性皮膚炎はかゆみや痛みあるいは疲労を引き起こします。かゆみや痛みによりセックスに対する拒絶反応を示したり、疲労によりセックスに対する欲求をそがれてしまったりすることがあります。誰でもかゆみなどの不快感を伴えばセックスはしたくないでしょうし、疲れていればゆっくりとしたいでしょう。しかしパートナーにとってはあなたの態度が不満に思えてしまうこともあります。あなたがなぜセックスをしたくないのかを優しくパートナーに説明することが必要です。特に付き合い始めて間もないときには、パートナーが誤解をしてしまわないように注意しましょう。そして実際にセックスをするときには、セックスの前にシャワーを浴びて保湿剤を塗り、またセックスの後にシャワーを浴びて保湿剤を塗ると不快感が軽減することもあります。ただセックスの直後にシャワーを浴びに駆け込むのは避けましょう。パートナーに不快感を与えかねません。あなたのパートナーの気持ちを大切にして、思いやりをもって接しましょう。セックスをするときの注意点として、まず寝室の環境が快適であるように整えましょう。そして特定の体位がかゆみや痛みにより不快と感じることがあります。どのような体位が不快と感じないかをパートナーに伝えましょう。また性器の皮膚の状態にも気をつけましょう。特に接触性皮膚炎に注意しましょう。接触性皮膚炎を起こすものとして、避妊具や生理用品あるいは下着などがあります。できるだけ皮膚の症状が悪化する可能性のあるものは避けましょう。セックスに関する問題も、医師に遠慮せず相談しましょう。

bolg index このページの先頭へ
<