blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
洗浄剤
洗浄剤

皮膚は皮脂や汗あるいは古くなった角質などにより汚れたり、外からの汚れが付着したりします。石鹸には界面活性剤が含まれています。界面活性剤には汚れを乳化する作用があります。乳化とは油の粒を小さくして水に溶けやすくする作用を示します。例えばマヨネーズを思い出してください。マヨネーズの中にはたくさんの油が入っているにもかかわらず、あまり脂っこく感じません。マヨネーズの中に入っているタマゴの黄身に乳化作用があり、油の粒を小さくして、本来混じりあわない酢の中に溶け込ませてしまうからです。石鹸は皮膚に付着している油の粒を小さくすることで、皮膚の外に溶け出しやすくしているのです。つまり石鹸は油と一緒に皮膚の表面に付着している汚れを落とすのです。しかし乾燥肌の人にとっては、大切な皮脂を奪われてしまうことになります。イギリス湿疹協会では石鹸の使用は控えるように薦めています。石鹸のかわりに、皮膚にとって低刺激な石鹸を使用するほうが良いでしょう。例えば弱酸性石鹸(N−アシルL−グルタミン酸塩)は石鹸に比べ、皮膚に対する刺激が少ないと考えられています。しかし洗浄力はアルカリ性石鹸に比べると劣ります。

bolg index このページの先頭へ
<