blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
染毛剤の皮膚への影響
染毛剤の皮膚への影響

 染毛剤の中で最も皮膚に対する影響に注意しなくてはならないのは、永久染毛剤のヘアカラーです。永久染毛剤の中に入っている染料のもとの中にはパラフェニレンジアミン(PPD)が配合されています。アレルギー性接触皮膚炎の原因として考えられています。時として重篤な皮膚症状を起こすこともあります。髪を染めた直後には軽度に見えても、2〜3日してから症状が悪化することが多いようです。ヘアカラーを使用する際には使用上の注意を守り、必ずパッチテストを行ってください。最近植物性染毛剤として流行っているヘナ(ヘンナ)にも、商品によっては永久染毛剤と同じ成分が入っていることがあります。ヘナ(ヘンナ)は黄色から赤色に髪を染めます。黒く染まるようであれば、永久染毛剤と同じ成分が入っている可能性が高いと考えられます。また染毛剤の中のアルカリ剤あるいは酸化剤により染毛しているときに刺激感やかゆみなどの皮膚症状が出る場合があります。皮膚症状の程度が重い場合には、すぐに染めるのをやめ、水で十分洗い流してください。

アトピー関連商品口コミ調査

 
アトピー性皮膚炎で悩む人向けの商品にはいろいろな物があります。アトピー性皮膚炎に対する治療効果を検証している商品は基本的にはありません。しかし商品によっては効果が見られるものもあると思います。逆に全く効果がないものもあると思います。アトピー関連商品は玉石混合ということです。

 そこで主に口コミ調査に基づいて、個別の商品の評価をしています。アトピー関連商品を選ぶ際の目安として利用して頂ければ幸いです。

ヘナ(ヘンナ)配合商品

バイオテックオリジナル「100%天然ヘナケア」

化粧品口コミ調査の一覧はこちら>>

bolg index このページの先頭へ
<