blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
妊娠
妊娠

子供がアトピー性皮膚炎にならないように、大豆・牛乳・卵などの食品の摂取を控える母親がいます。妊娠中に母親が食べたものがアレルゲンとなり、胎盤を通して子供にアレルギーを引き起こす現象を胎盤感作と言います。妊娠中に母親がアレルゲンとなる食品を控えることで、子供がアトピー性皮膚炎になるリスクを低くすることができるかどうか、まだはっきりとした結果が出ていません。今後の研究を待つ必要があります。自己判断でアレルゲンとなる食品を控えたりすると、妊娠に必要な栄養が十分に摂れない場合があります。必ず主治医に相談しましょう。

bolg index このページの先頭へ
<