blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
授乳
授乳

母乳で赤ん坊を育てるのが最も良い方法だということは広く認められています。できれば少なくとも最初の6ヶ月間は人工乳を使用せず、母乳だけで育てることをイギリス湿疹協会では勧めています。家族にアトピーを患っている人がいる場合、最初の3ヶ月間は人工乳を使用せず、母乳だけで育てることにより、子供がアトピー性皮膚炎になるリスクを低くすることができるという根拠がいくつかあります。離乳食については、できる限り通常の赤ちゃんのペースよりも遅めに始めることをイギリス湿疹協会では勧めています。そして離乳食はアレルゲン性の低い食品から始めるのが良いでしょう。ただし栄養の偏りあるいは栄養の不足などが生じる可能性があるので、必ず主治医に相談してください。日本皮膚科学会と日本小児科学会のコンセンサスを下記に示します。2歳までのアトピー性皮膚炎の一部は食事に関与しますが、2歳を過ぎると腸管が十分に発達するため、ほとんど関係がなくなるということです。

bolg index このページの先頭へ
<