blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
ビタミンE
ビタミンE

天然のビタミンE

天然のビタミンEは実は8種類もあります。まず大きく分けてトコール型とトコトリエール型の2種類があります。トコール型とトコトリエール型はそれぞれα、β、γ、δの4種類あります。一般的にはα−トコフェロールが有名です。しかしα―トコフェロールは8種類のビタミンEの1つにしか過ぎないのです。α−トコフェロール以外のビタミンEについてはほとんど明らかではありません。

生理作用

ビタミンEは重要な抗酸化剤の1つです。細胞膜あるいは細胞内小器官の膜は腐りやすい油(不飽和脂肪酸)と腐りにくい油(飽和脂肪酸)とでできています。腐りやすい油(不飽和脂肪酸)が酸化すると腐ります。腐った油を過酸化脂質と呼びます。ビタミンEには細胞膜あるいは細胞内小器官の膜に過酸化脂質が発生するのを抑える働きがあります。ビタミンCも重要な抗酸化剤の1つです。ビタミンCは連係プレーによりビタミンEの働きを助けます。

結論

文献がいくつかありますが、ビタミンEにアトピー性皮膚炎に対する治療効果があるか明らかではありません。

Q&A ビタミンEがアトピー性皮膚炎に効くというのは本当でしょうか?

ビタミンEにアトピー性皮膚炎に対する治療効果があるか明らかではありません。しかしビタミンEをアトピー性皮膚炎の患者に実際に試した厳密な研究では効果が見られていません。ただしビタミンEとビタミンB6をアトピー性皮膚炎の患者に併用した厳密な研究では効果が見られています。サプリメントとしてビタミンEを単独で摂ることは、アトピー性皮膚炎に対する治療法としてあまりお勧めできないと考えられます。ビタミンEをアトピー性皮膚炎の治療に使用する場合には十分に考えてからにしましょう。

bolg index このページの先頭へ
<