blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
亜鉛
亜鉛
ミネラルにはマクロミネラルとミクロミネラルの2種類があります。マクロミネラルは1日に100mg以上必要とされるもので、ミクロミネラル(微量元素)は1日の必要量が100mg以下のものです。亜鉛はミクロミネラル(微量ミネラル)に分類されます。亜鉛は遷移金属に属しますが、鉄あるいは銅と異なり不対電子を持っていないため、活性酸素を発生する危険性がありません。

生理作用
ALP(アルカリポスポターゼ)などさまざまな酵素の働きと関連があります。遺伝子の転写を制御し、細胞分裂とたんぱく質の合成を調節しています。遺伝的に亜鉛の吸収が障害される腸性肢端皮膚炎は、手足などに湿疹ができる病気です。アトピー性皮膚炎の治療に亜鉛を使用する理由は、亜鉛の欠乏症状は皮膚に現れることが多いためと考えられます。

結論
小規模な文献が1つありますが、亜鉛にアトピー性皮膚炎に対する治療効果があるか明らかではありません。

Q&A 亜鉛がアトピー性皮膚炎に効くというのは本当でしょうか?
亜鉛にアトピー性皮膚炎に対する治療効果があるか明らかではありません。しかし亜鉛をアトピー性皮膚炎の患者に実際に試した厳密な小規模な研究では効果が見られていません。亜鉛はアトピー性皮膚炎に対する治療法としてあまりお勧めできないと考えられます。亜鉛をアトピー性皮膚炎の治療に使用する場合には十分に考えてからにしましょう。

bolg index このページの先頭へ
<