blog index

アトピーブログ

アトピー性皮膚炎の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
大人のアトピー性皮膚炎
大人のアトピー性皮膚炎

恋愛

 アトピー性皮膚炎が恋愛をするための障壁となることがあります。恋愛をするための障壁は主に2つあります。豊かな人間関係を築くための障壁と満ち足りた肉体関係を持つための障壁です。それぞれの障壁についてもっと詳しく考えてみましょう。

豊かな人間関係を築くための障壁
満ち足りた肉体関係を持つための障壁

妊娠

 アトピー性皮膚炎は遺伝と関係があることが分かっています。しかしアトピー性皮膚炎の親から生まれた子供が必ずアトピー性皮膚炎になるわけではありません。

化粧品

 アトピー性皮膚炎の皮膚はしばしばいろいろな刺激に対して敏感に反応してしまいます。アトピー性皮膚炎だから化粧品が使えないというわけではありませんが、慎重に選ばなければいけません。化粧品には次の3つの種類があります。

○スキンケア製品
○メーク・アップ用の化粧品
○頭髪用の化粧品

化粧品の口コミ調査はこちら>>

洗浄剤

 イギリス湿疹協会では石鹸の使用は控えるように薦めています。石鹸のかわりに、皮膚にとって低刺激な石鹸を使用するほうが良いでしょう。

染毛剤

 染毛剤には酸化型染毛剤と非酸化型の染毛料の2種類に分けられます。酸化型染毛剤は永久染毛剤と呼ばれます。主にヘアカラーです。ヘアカラーには染料のもととアルカリ剤の入っている第1剤と酸化剤が入っている第2剤とでできています。髪を染めるときに2つの薬剤を混ぜている光景を見たことのある人は多いのではないでしょうか。非酸化型の染毛料は半永久染毛料と一時染毛料の2種類に分けられます。半永久染毛料は主にヘアマニキュアです。一時染毛料は主にヘアスプレーです。

染毛剤の皮膚への影響

サンスクリーン剤

アトピー性皮膚炎の患者の中には日光を浴びることにより皮膚の症状が改善する人もいれば、皮膚の症状が悪化する人もいます。いずれにしても日光を浴び過ぎると、皮膚を傷つけてしまうことに変わりはありません。皮膚を紫外線から守る手段の1つとしてサンスクリーン剤が使われています。しかしアトピー性皮膚炎の患者の中にはサンスクリーン剤にアレルギー反応を起こす人がいます。イギリス湿疹協会によると現在サンスクリーン剤の中に含まれるメチルジブロモグルタロニトリルによるアレルギーが増えてきているということです。

サンスクリーンの選び方
サンスクリーン剤を使用するときの注意点

パーマネントウェーブ剤

パーマネントウェーブ剤は髪のスタイリングを魅力的にするための美容技術の1つです。しかしパーマネントウェーブ剤は化学的な作用を皮膚に対しても起こし、皮膚を傷つけてしまうこともあります。またパーマネントウェーブ剤に含まれる化学物質に対してアレルギー反応を起こすこともあります。

bolg index このページの先頭へ
<